2014.08.28更新

8月27日(水)の昼、当院にてゾエティスさん主催の勉強会がありました。
テーマは「猫のフィラリア症について」です。

フィラリア症は蚊が運ぶ寄生虫で、ワンちゃんの心臓に悪さする病気ですが、稀に猫に感染します。

ネコちゃんが感染すると、喘息、咳、突然死の原因となります。
感染後の治療法はないので、蚊が飛んでくる環境では、予防をする必要があります。

予防法は、レボリューションという薬をつけることです。
1ヵ月に一度つけることにより、フィラリア感染・発症を防ぎます。
その他、耳ヒゼンダニの治療にもなります。

気になる方は当院までご相談ください。
写真はゾエティスさんホームページより頂きました。




投稿者: もみじ動物病院

2014.08.26更新

7歳以上の子は特に症状がなくても、病気が隠れていることがあります。
(若い子でも気になる方は)
予約が必要で、昼に数時間お預かりしないといけないのですが、
「ワンちゃんのドック」をお勧めします。

内容としては
①血液検査(血球、生化学)
②腹部・胸部レントゲン
③腹部超音波(必要に応じて心臓超音波)

です。値段は1万~1万5千円(消費税別)です。
大型犬は少し余分にかかることがあります。

気になる方はご相談してください。


投稿者: もみじ動物病院

2014.08.25更新

例年の傾向によると、雨の日が終わるとノミが再び活動し始めます。
ものすごく暑い日より少し涼しくなったころに繁殖のためか、この時期からノミアレルギー皮膚炎が多くなる気がします。

ノミの予防・駆虫としては以下の製品があります。
フロントライン・・・ノミ、マダニの駆虫剤です。
          背中につけることによって、1~1.5ヵ月持続します。
レボリューション・・・ノミ、ミミダニ、フィラリア、回虫の駆虫剤です。
          同様に背中につけることによって、1ヵ月持続します。
コンフォティス・・・ノミ、マダニの駆虫剤です。
           飲ますことによって聞きます。効果は1ヵ月です。

ノミ・マダニは目に見えるものですが(黒い点として)、1匹2匹だとわからないことが多いです。もし皮膚のかゆみが急に起こった場合、ご相談してください。


投稿者: もみじ動物病院